top of page
ブログ: Blog2
  • 執筆者の写真笑顔分析診断士 山本笑子

症例検討会:認定療法士勉強会


全国から集まったホリスティック医学協会の認定療法士が集まり

岐阜県関市にあるリボーン洞戸にて勉強会を行いました。


私のエビデンスデータの宝庫である 北海道大学をご卒業された

薬剤師さんも参加され とても楽しい時間でした。


どんなことを療法士の方がされているのか

あんまり知らないのが現状。


だからこそ、お互いを知ることで

得手不得手をスムーズにして対象者の方に少しでも


「ありがとう」


という言葉をいただけるよう励んでいます。


今回は、実際にお悩みを持つ方も2名参加され

療法士としてどんなことができるのかディスカッションしました。


■Mさん:過食症

恋愛がきっかけでストレスが溜まり

夜中に目覚めて晩御飯の残りやお菓子など

食べないと気が済まないという生活を送っている


セラピストさんが対処法を色々いわれ

私はその会話を聞きながら顔分析をしました。


額→口→鼻→目

考えすぎていて常に脳がオーバーワーク状態

それなのに目は脱力している。

だから、本質を見る余裕がない。


■Kさん:大腸がん経過観察中

お母様が病気になり15年ほど看病をしている

認知機能が気になり、施設療養中。ご自身も

大病を患っているため現在離れて暮らしている。


口→目→額→鼻

とにかく吐き出したい、喋りたい

聞いてもらう場所を探している

疲れすぎて呼吸が浅い


自分の努力を認めてほしい。その先を探しているが

実際に本来の進むべき道に進んだときに自信がないのと

不安があり、現実逃避中


まずは自分と向き合うことで現在地をみつける

その先は、環境や人など行動することでヒントが見つかる

今回症例になってもらったのも縁です。


船戸先生という医者目線の話だけじゃなく

認定療法士も加わって様々な角度からアプローチすることで

本人の気づきが早くなり、軌道が稼働してくれるといいな~


ホリスティック医学協会の認定療法士の中でも

どうやら笑顔分析診断は異色のようです。


リボーン洞戸のドクター 船戸先生からも


「笑ちゃん…怖い(笑) 普通に接してて

そんな風にみてるんだ!見てる視点が違う!」


「何している人かわからなかったけど

これは面白い(興味深い)」


患者さんをよく見ているはずの先生からも

驚かれるとは思っていませんでした(笑)


教育の分野も必要ですけど

医学のほうがいいですよ!

まさにホリスティックです!


というお言葉もいただきました。



顔の情報って大切ですね




 





閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page